一問一答

販売管理システムを導入するメリットについて教えてください。

販売管理システムを導入するメリットについて教えてください。

販売管理システムを導入する主なメリットとして、以下が挙げられます。

■業務の効率化
伝票処理の複雑な計算や手作業のデータ入力を自動化することにより、導入前と比較して少人数での対応や作業時間の短縮が可能となります。
また、販売管理・在庫管理・購買管理をシステム化することで、部署間の業務が統一されます。
業務を標準化することにより、労働生産性の向上や属人化、人為的なミスの抑制が可能となります。

■データの共有・活用
売上・購買実績や在庫のデータを一元管理・共有することにより、迅速な売上把握や売上集計、在庫切れの防止が可能となります。
また、これらのデータを蓄積・活用することで、将来の受注予測や販売予測に役立てることもできます。

■セキュリティ強化
各製品によって考え方や特徴が異なりますが、ユーザごとに使用可能な機能の制御やログや更新履歴の管理が可能となります。
これらは社員の不正防止、及び社内のコンプライアンス強化に繋がります。

■経営の可視化による経営判断
部門ごとの販売・在庫・購買のデータを統合的に管理することにより、経営状況を可視化できます。
膨大なデータに基づいた分析によって顕在化した経営課題や問題点をもとにした、迅速かつ的確な経営判断が可能となります。

上記のようなメリットがある一方、システム導入にあたって貴社の業務フローやスタイルの刷新が必要となる場合があり、その場合、貴社の業種や目指す運用に合わせた製品を慎重に検討する必要があります。

システムクレイスが独自で御提供している『販売管理選定支援サービス』をお使いいただければ、貴社の要件に合わせて製品の選定をお手伝いいたしますので、是非サービスの御利用を御検討ください。

販売管理選定支援サービスの詳細はこちら

無料相談・お問い合わせ

販売管理システムの導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
050-5526-2215 平日9:00~18:00