一問一答

導入時、最低限のカスタマイズで導入するというようなケースについて知りたい。

システムを導入し数年経過後にバージョンアップが必要となった場合のことを考え、可能な限りパッケージ標準で導入したいと考えていますが、どうしても自社形式の帳票などが必要です。最近の導入傾向として、最低限のカスタマイズで導入するというようなケースもあるのでしょうか。
また、このような場合、カスタマイズしないで済む方法などはないでしょうか。

先々のバージョンアップを見据えて、自社の運用を見直してでもパッケージ標準で導したいというご相談も最近増えています。
また、こういった場合でも、質問にあるような、最低限のカスタマイズが必要といったお話は多くいただきます。

こういった場合に多いのは
・請求書/納品書等、対外向けの印刷物
・自社独自の観点で集計/管理で必要な帳票類
など、印刷物が多くなっています。

運用などは見直せても、印刷物については今の形式のものを利用したい、どうしてもパッケージ標準の納品書にはない追加で出力したい情報がある、現在使っている帳票と同じ集計単位の帳票類が必要、といったお話も多くいただきます。

このうち、対外向けの印刷物を現在お使いのレイアウトを据え置く場合は、どうしてもカスタマイズが必要になってしまいますが、「自社独自の観点で集計/管理で必要な帳票類」については、販売管理システムとは別にDWH(データウェアハウス)を導入し、そこからデータを取得してExcelなどで出力し、Excel上で集計することによって、販売管理システム自体には手を加えずに対応することも可能です。

DWHを利用した場合、そちらのバージョンアップも先々必要とはなってきますが、定義はそのまま利用できることが多いため、システムをバージョンアップする際のコストは削減できますし、基本的には、使い勝手が大きく変わるというようなことも発生しません。

また、販売管理システムによっては、システム上のデータをお客様である程度自由に抽出することができるような機能を準備しているパッケージもございます。
条件や出力するテーブルなどを指定し、画面上で表示したりExcel等ファイル出力したりすることが可能なパッケージもございます。

「どういった機能を使うのが自分たちにあっているのか」
「DWHを使いこなせるか不安」
「パッケージから自由に抽出できるといっても、自分たちに作成できるのか不安」
といったご相談もいただきますが、システムクレイスのシステム導入支援サービスでは、製品の選別、使い方のご提案や、データ抽出の定義作成のお手伝いも行っております。

是非サービスの御利用を御検討ください。

販売管理選定支援サービスの詳細はこちら

無料相談・お問い合わせ

販売管理システムの導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
050-5526-2215 平日9:00~18:00