SYSTEM CLeis 販売管理システムサイト

infiniOne Project

多様化する業務をトータル的にカバーするために
開発された業種特化型の基幹業務システム

導入費用
対応している機能
  • 販売
  • 購買
  • 在庫
  • 債権債務
  • 生産
  • 原価
  • 財務会計

多様化する業務をトータル的にカバーするために
開発された業種特化型の基幹業務システム


部門対応・内部統制・各種計上基準対応などの共通機能に対し、販売・購買・在庫・原価計算・債権・債務の基幹業務機能と、さらに引合・定期請求・実行予算・プロジェクト採算・事業予算などの個別業務機能をオールインワンとして提供いたします。

機能モジュールを選択することで柔軟かつ業務への適合性を追求した中堅・中小企業に適した基幹業務システムを構築します。

販売管理業務における、こんな悩みを解決!
  • 物件別の原価や損益情報収集に時間が掛り、
    生きた情報が入手できず、対応策を検討する
    時間がいつも足りない。
  • 案件毎の数値情報(売上/原価/粗利)
    収集に時間がかかり、営業予測数字がすぐに
    把握できない。
  • 定期契約サービスの請求~売上~入金の管理が手作業で正確性と効率性に欠ける。

こんな方におすすめ


infiniOne Projectはここが違う


  1. 特長1

    複数の事業や取引形態への対応 
    単一業態から複数業態ビジネスに対応し、開発や製作、工事、その他請負業種に至るまでさまざまな業種に適応した個別原価機能を備えたシステムです。引合・販売・購買・定期請求・プロジェクト損益・個別原価計算・債権・債務・会計連携などの機能を装備。また、取引形態ごとに売上基準、請求書発行基準など対応可能です。

    企業の経営には欠かす事のできない業務にジャストフィットします。
  2. 特長2

    損益管理の2階層対応を実現 
    受注ごとの損益、複数の受注や追加原価も含めた上位プロジェクト別の損益の把握が可能となります。

    2階層管理を装備することにより、下記の事が実現可能となります。

    ・契約(受注)に対する、複数対応部門ごと作業内容ごとに取引(受注)の分解

    ・基本取引終了後、アフター発生時(無償サポート・原価発生等)に対しても、追加受注作成によるトータル損益管理
  3. 特長3

    部門別取引先別の債権債務管理を実現 
    受託や販売購買、保守等の取引パターン別に債権/債務の勘定科目を設定することにより、部門別取引先別勘定科目別での債権/債務の残高管理が可能です。

    入金単位を「取引先単位」「受注単位」「売上単位」から選択することができる個別消込機能や、支払単位を「取引先単位」「仕入単位」から選択することができる支払機能により、より精度の高い残高管理を行うことができます。

システム概要


システム概要です。大まかに、各種業務で下記のような管理を行う事ができます。

機能詳細


機能カテゴリ代表的な機能

販売管理ソフトkintoneを連携したい方

クラウド経由で販売管理データを外出先から確認できます。

30年のシステム導入・運用実績を誇る
システムクレイス

システムクレイスでは、30年にわたりシステム導入・運用のご支援を行ってきた経験をもとに、中小企業にとって最適な販売管理システムを選定いたします。

専任のSE担当者が現在の販売管理業務における課題の把握、業務フローの整理など、販売管理システムを導入するうえで、抑えておくべきポイント、ご要望の詳細をお伺いした上で、最適な販売管理システムの選定を行う無料相談も行っていますのでお気軽にご利用ください。

無料相談・お問い合わせ

販売管理システムの導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
050-5526-2215 平日9:00~18:00