一問一答

最近の販売管理の導入傾向や、標準導入した場合/カスタマイズした場合それぞれのメリット、デメリットを教えてください。

現在利用している販売管理システムは、自社の運用にあわせてある程度カスタマイズをしていますが、リプレースを検討するにあたり、前回同様にするか迷っています。
最近の販売管理の導入傾向やメリット、デメリットを教えてください。

傾向としては
・「なるべくコストを抑えたいので、できればパッケージ標準で導入したい。」
「数年後のシステム入替を考えるとカスタマイズはしないで標準のまま導入したい」
というお客様と
・「自社の運用似合わせて全面カスタマイズしたい」
といった御客様とに二極化しております。

■必要に応じてカスタマイズを行う方針の場合
必要であれば、カスタマイズされることを選択される方針をお持ちのお客様については

たとえば
「とにかくオペレーターの業務を軽減するのが目的」
「管理が細かいのでどうしてもカスタマイズが必要」
など現在の業務効率向上と最適化を目的として、カスタマイズ要否を検討される傾向にあります。

このタイプの導入例のメリット/デメリットとしては
●メリット
・運用にフィットさせた形で販売管理システムをカスタマイズするため、
運用を見直し、業務改善を行った上で御社の運用にフィットしたシステムを構築可能。
・システムの運用の流れを継承している場合、システムを利用される方が稼働時に
新システムに慣れるのがスムーズ。
●デメリット
・費用が高額なり、導入までに期間が必要となる。
・OSなどのサポート期限切れなどでハードウェアの入替が発生した場合、ソフトウェアのバージョンアップが必要になる。
費用・期間についても以前の導入時と大きく変わらない可能性ある
といえるでしょう。

この場合カスタマイズを厭わないにしても、実際には費用対効果を考慮してのカスタマイズ内容の選定を行うのが、一般的です。

■パッケージ標準機能に極力合わせる方針の場合
パッケージ標準の機能に合わせての導入と運用を行う場合のメリット/デメリットとしては
●メリット
・比較的低コスト、短期間での導入が可能
・バージョンアップの時も、最低限のコスト・期間で対応可能
●デメリット
・運用をパッケージに合わせる必要が出てくる
・システムをご利用される方が、新システムに慣れるのに多少時間がかかる。
となります。

カスタマイズを極力行わずパッケージ標準での御利用を選択される場合であっても、お取引先様に提示する帳票(納品書・請求書等)や、最低限の社内向けの帳票のみカスタマイズは行う傾向にあります。

社内の管理帳票などは販売管理システムではカスタマイズを行わず、DWH(データウェアハウス)など、外部ツールを利用してデータを抽出し、加工・作成されているお客様も多くいらっしゃいます。

販売管理システムも進化をとげ、パッケージ標準でできることも増えておりますし、多種多様な業種・業態向けのパッケージに加えて、販売管理のみではなく在庫管理や生産・製造管理、原価管理/輸出入管理等など、多様な管理ができるパッケージなどもございます。

弊社の販売管理選定支援サービスは、御社の業務の方向やカスタマイズの有無のご希望など、導入のご要望にフィットしたパッケージの選定をご支援するサービスです。
「標準で導入したいが運用が回るか不安」
「自社の運用にあわせてカスタマイズしたいがコストが不安」など
お客様のお悩みやご要望を何でもお聞かせください。

販売管理選定支援サービスの詳細はこちら

無料相談・お問い合わせ

販売管理システムの導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
050-5526-2215 平日9:00~18:00